Make your own free website on Tripod.com

お役立ち情報

  ここでは、これまでお話してきた中で取りこぼしてしまったエピ
ソード・情報などを紹介していきたいと思います。

ビザ関連情報

まず、何と言ってもこれを知らなくちゃ永住権の手続きは進まない
というサイトの紹介です。移民法に関する手続きを担っている政府
機関は移民局INS( U.S. Immigration & Naturalization Service)
で、アメリカで生活する外国人は必ずお世話になるところでもあり
ます。必要な書類をダウンロードすることもできちゃいます。
    INS  http://www.ins.usdoj.gov/


日本の外務省のサイトでは、「日本在外公館への届け出」の項で
も触れている出生届・婚姻届などについて書かれていますので、詳
しく知りたい方はこちらもどうぞ。
    外務省  http://www.mofa.go.jp/mofaj/
・在日アメリカ領事館リスト
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/list_j/lj_kita.html
・出生届、婚姻届、国籍の選択などについて
   http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaku/koseki/index.html


在日アメリカ大使館でもビザに関する情報を得ることができます
ので、Web Siteを覗いてみてはいかがでしょうか。
    在日アメリカ大使館
   http://usembassy.state.gov/japan/wwwhjmain.html


外務省在日アメリカ領事館リストでは大使館や領事館のロケー
ション、電話番号などを知ることができますが、中には Web
Siteを持っている公館もありますので、ご紹介しますね。
業務時間やアクセスなど、更に詳しいことがわかると思います。
    在福岡アメリカ領事館
   http://usembassy.state.gov/fukuoka/wwwhjapn.html

    在大阪・神戸アメリカ総領事館
   http://usembassy.state.gov/posts/ja2/wwwhcjfr.html

    在名古屋アメリカ領事館
   http://usembassy.state.gov/nagoya/


「手続き開始」の項で触れた、永住権の申請に必要な書類の中に
写真がありますが、私はどこで撮っていいのやら見当もついてな
かったので、たまたま広告に入ってたSEARS(JC Pennyのよ
うな大型チェーンのデパートメント・ストア)のPortrait Studio
にまずは行ってみました。クーポンがあったのが大きな決め手に
なったんですよね。なんてちゃっかり者の私。クーポンはStudio
にも置いてあるので、買い物ついでにもらってきてはいかが?
永住権申請にはケビンの写真も必要だったので2人一緒に行った
のですが、計4枚のインスタント写真で$25.90でした。どれだけ
割り引いてもらったのか忘れてしまいましたが、多分通常料金は
インスタント写真(パスポートサイズのこと)2枚セットで$15
程度ぐらいなものでしょう。
この永住権申請に使用する写真は、写真のサイズや被写体の顔の
向き、画像の明かるさなどが細かく指定されていて、とても口で
説明できる代物ではないので、出向くときは是非INSから送ら
れてきたI-485 Packageに同封されている、写真に関する説明
(Color Photograph Specifications)を一緒に持って行く
ことをお勧めします。ちなみに、私の行ったStudioではすでに店
員がこの写真について熟知していたので撮影もスムーズでした。
後になって大型スーパーのWAL*MARTにもフォトスペース
があるのを知ったんですが、私たちはまだ利用したことがないので
この種の写真が撮れるかどうかは不明。どうなんでしょうねぇ。

知っててお得情報

現在は仕事を辞めて無職になった私も、妊娠9ヵ月に入るまでは
頑張って仕事をしていました。アメリカで初めて仕事に就いたの
が'99年の2月。その時活躍したのは「労働許可証(Employment
Authorization Card)」です。これはI-485 Packageに任意で
付けることのできる、労働許可申請用の書類I-765が受理される
と発給される許可証です。書類が受理されてから、約3ヵ月後に
INSから発給の通知が届き(この期間は州によります)、書か
れている日時に本人が直接取りに行くようになります。カード用
に写真・指紋をとり、サインをすれば、その場でカードをもらう
ことができます。
許可証の有効期間は1年間で、私の場合、カードを発給されてか
らも半年近く仕事に就かなかったので、実際に仕事を始めた半年
後にはもうカードの期限切れが迫っていました。そのまま続けて
働くなら、許可証を更新する必要があります。もちろん、それま
でに永住権をもらえていたら話は別ですが、更新するならまた
I-765を提出しなくちゃなりません。それだけならまだしも、手数
料も再度払うことになってしまいます。私達が最初に申請した時
I-765の費用は$70だったのに、更新時には値上がりをして$100
になってまして思わずガックリきてしまいました。
発給同様、更新にもある程度時間がかかりますので、有効期限の
3ヵ月前ぐらいから書類を取り寄せて、更新に取りかかった方が
いいと思います。書類はINSに電話して送付してもらうことも
できますし、サイトに行ってダウンロードすることもできます。


アドバンス・パロール(Advance Parole)って知ってますか?
これはI-765の労働許可申請と同じように、I-485 Packageに任意
で一緒に請求することができる書類で、アメリカへの再入国を
許可してもらうためのものです。 Application for Travel
Document(I-131)というのが申請の書類名です。「手続き開始」
の項でも触れてますが、申請には$95の費用がかかります。
(これまた$75から値上がりしてしまいました。)
再入国許可の有効期間は1年間で、これなしで永住権の申請中に
アメリカ国外に出てしまうと、帰ってくる(再入国する)ことが
できなくなってしまいます。つまりこの許可は、ビザがない申請
中の身で、合法的にアメリカを出入国するためのものなのです。
私はINSの面接が済み、妊娠の安定期に入ってから日本に一時
帰国するためにこの許可を使いましたが、面接待ちの段階でアメ
リカ国外に出てしまうと、帰ってから面接までまた当分待たされ
てしまったりと、なかなか面倒なことになってしまうようです。
日本の家族によっぽどの緊急事が起こらない限り、または面接が
済んだ後か、面接を当分待たされる覚悟をしない限りはアメリカ
国内から出ない方がよさそうですね。
ちなみに、私たちの州(NC)では申請から許可がおりるまで、
約1ヵ月弱ほどかかりました。また、機内で記入する「出入国
記録カード(I-94)」は、白い方ビザ保持者用カードに記入
し、アメリカ入国の際、審査官に見せることになります。


前のページへ戻る